機内持込手荷物:よくある質問

液体物の機内持ち込み

  • 機内に持ち込むことができる液体物は?

    Paris Aéroportでは、クリーム、ジェル、ペースト状のもの、空港以外で購入したエアゾール等のあらゆる液体物はお預けになる手荷物の中に入れることをお勧めしています。

    どうしても機内に持ち込みたい場合は、100 ml以下の個々の容器で、それらの容器を1リットル以下(20cm x 20cm)のジッパー付透明プラスチック袋に入れる必要があります。お一人様あたりの袋の数は一つのみです。 

    ベビーフードや幼児食は機内で必要な分だけ中身に関係なく、乳幼児のお客様が一緒にご搭乗される場合に限り許可されます。これらは、保安検査では別々に提示しなければなりません。

    液状またはクリーム状の医薬品は、中身に関係なく許可されます、薬の量は、滞在日数に見合う量でなければなりません。念のため、お客様の名前が記載された処方箋または医師の診断書(薬剤師証明書)を保安検査で提示されることをお勧めいたします。
      

  • 免税店で100 mlを超える液体物を購入し、機内に持ち込むことはできますか?

    はい。お乗り継ぎがない場合、可能です。免税店で購入した100 ml以上の飲み物、コスメ用品などを機内へお持ち込みいただけます。販売員が購入日を記した領収書と一緒に密閉バッグに入れます。保安検査時に、バッグは別々に提示しなければなりません。最終目的地までバッグは開けないようにしてください。お乗り継ぎの際は、お求めになったお店に直接お問い合わせください。

    2014年1月31日以降、乗り継ぎ時に店舗が密閉バッグに封印した場合に限り、免税店で購入した液体物に対する持込制限がなくなりました。



  • 口紅は機内持ち込みできますか?

    はい。「固形」の化粧品は、機内持込可能です。但し、「リップグロス」は制約事項を受けます(1リットルのジッパー付透明プラスチック袋内に100 ml以内)。

     


医薬品および医療機器の機内持ち込み

  • インシュリンと注射針を携行しています。機内持ち込みできますか?

    注射針、ペンタイプ注射器、医薬品は滞在日数に見合った量が許可されています。この種の薬に対して、航空会社より、お客様の名前が記載された医師の処方箋または薬剤師の証明書が求められる場合があります。

     

  • 喘息があります。吸入器は機内持ち込みできますか?  

    はい。但し、お客様の名前が記載された医師の処方箋または薬剤師の証明書が求められる場合があります。

  • 体内に医療用の金属があります。特別な手続きが必要ですか?

    保安検査を受ける前にその旨を検査員に申し出てください。体内に医療用の金属があることを示す医師の診断書またはレントゲンを提示してください。

     

  • 歩行に杖が必要です。機内持ち込みできますか?

    はい。歩行用の杖、松葉杖、歩行器は、X線装置による保安検査に通す必要があります。できる限り快適に保安検査を受けていただけるよう、検査員が必要なサポートをさせていただきます。

     


電子機器、金属またはかさばるものの機内持ち込み

  • ベビーシートは機内持ち込みできますか?

    はい。航空会社の許可があれば可能です。X線装置による保安検査に通す必要があります。

  • 航空機のドア付近までベビーカーを持っていけますか?  

    はい。但し、X線装置による保安検査に通す必要があります。

     

  • 電子機器は機内持ち込みできますか?(MP3プレーヤー、コンピューター、携帯電話など)? 

    はい。この種の機器(ビデオカメラ、デジタルカメラまたは携帯電話)に対する機内持ち込みの制限はありません。パソコンや大型の電子機器はケースから出し、x線装置による保安検査では別々に提示する必要があります。これらの機器の予備バッテリーも機内持込が許可されています。


  • 楽器の持ち込みに制限はありますか?  

    航空会社まで直接お問合せになることをお勧めいたします。

     

  • 毛抜きは機内持ち込みできますか?

    はい。

     

  • 編み物針は機内持ち込みできますか?

    いいえ。編み物針は危険物とみなされます。搭乗前にチェックインするスーツケースの中に入れなければなりません。

  • ハンドバッグに家や車の鍵を入れることはできますか?  

    はい。開閉用リモコンと一緒にポケットに入れてお持ちいただけます。保安検査時は、機内持込手荷物の中から出していただく必要があります。




機器とX線

  • 電子機器をX線保安検査に通しても問題ありませんか?

     

    この種の機器への問題はまったくありません。

     

  • レントゲン写真をX線保安検査に通しても問題ありませんか?  

    いいえ。X線はレントゲン写真にダメージを与えません。

  • 保安検査が写真のフィルムに影響を与えることはありますか?  

    はい。 

    受託手荷物の検査通過時に一部のカメラのフィルムやネガに取り返しのつかないダメージを与えることがあります。したがって、機内持込手荷物の中に入れることをお勧めいたします。 

    高解像度(1600 ASA以上)のフィルムやネガをお持ちの場合は、メーカー各社までお問合せください。

     


機内に持ち込み可能なもの

  • ガラス製のものは機内持ち込みできますか? 

    はい。液体が入っていなければお持ち込みいただけます。

  • どのような食品(チーズ、フォアグラ、パスタなど)を機内持ち込みできますか? 

    固形の食品はお持ち込みいただけますが、スープやソース料理はお持ち込みいただけません。通常、液体状または可鍛性のあるフレッシュチーズのなどのあらゆる液体物の機内持ち込みは禁止されています。缶詰のような100 ml以上の不透明な容器は、中身に関係なく禁止されています。但し、これらの製品は、免税店では制限なくお買い求めいただけます。