EUおよびシェンゲン圏内では、加盟国の国民が域内をスムーズに動くことができる措置が講じられています。

ご注意:  一部の加盟国では、自国の法律により他の加盟国の国民の滞在許可書の取得は不要となりました。 

EU内の出入国手続き

対象国

2007年1月1日以降、 欧州連合(EU)加盟28カ国は以下のとおりです。

ドイツ、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、クロアチア、デンマーク、スペイン、エストニア、フィンランド、フランス、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、チェコ共和国、ルーマニア、イギリス、スロバキア、スロベニア、スウェーデン。

出入国手続き

EU加盟国の国民の場合:

 

  • *

    EUまたは欧州経済領域 (EU、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー)の国々を特別な手続きなしで入国、ご旅行いただけます

  • *

    加盟国内での滞在が3ヶ月を超えなければ滞在許可書の申請は不要です 

  • *

    有効な身分証明書をご携帯ください(パスポートまたは身分証明書)

シェンゲン圏内の出入国手続き

シェンゲン圏内には、シェンゲン協定に署名した欧州26カ国が結集しています。

本協定により、域内の人々の自由な移動が保証されています。


対象国

以下はシェンゲン協定加盟国の一覧です:

ドイツ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、スペイン、エストニア、フィンランド、フランス、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、ノルウェー、オランダ、ポーランド、ポルトガル、チェコ共和国、スロバキア、スロベニア、スウェーデン、スイス。


出入国手続き

域内の国境では、かつての国境での旅行者の検問は撤廃されています。

域外の国境では、国境管理、司法・警察の加盟国間の協力が強化されています。